Go!Meg! Go!Mairo!
のんびりやのめぐみと愛犬マイロの毎日♪ いずみという妹の参入でマイロのアイドルの座、危うし!?

プロフィール

めぐみ

Author:めぐみ
夢はアスランの黄金のたてがみに顔をうずめること。ナルニアに住むこと。好きな言葉は "しあわせはいつも自分の心が決める" "Be smiling,be happy"

cloverclock

カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント

カテゴリー

プチ月別アーカイブ

ブログ検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
なつかしい日々
rd.jpg

red2.jpg

私がまだ学生だった時、我が家にシベリアン・ハスキー「ローザ」が
やってきました。すでに4歳。出産経験が沢山ある犬でした。
というのは、実はローザはブリーダーによる放棄犬だったのです。
知り合いの獣医さんが「このままでは殺処分になってしまう!」と
なかば強引に我が家に連れてきてしまったのです。
見るとローザの背中はS字に曲がっていました。狭いケージに
いれっぱなしで、ひたすら子供を産んでいたのでしょう・・・
外の世界を知らないローザは本当に短い距離のお散歩でさえ
拒否。感情も押し殺してしまったような諦めた顔をした犬でした。
見ていて涙が出そうでした。
そんなローザも、実家の庭で色々な人に愛されながら
放し飼いをしている間に、徐々に人に甘えることを覚え
お散歩の楽しさを知り、たくましく元気になっていきました。
途中、妹分のエルザが我が家にやってきて、すっかり
世話係を引き受けてくれたり、ちびっこドレミが
やってきた時は、あまり自由が利かなくなった身体でも
きかんぼドレミを優しく見守っていました。
私が結婚する一週間前に息を引きとったのですが、
当時は恋人同士だった父ちゃんと私は、よく連れ立って
ローザの散歩に行っていたので、父ちゃんも猛烈にローザの死を
悲しんでくれました。
違った状況ではあるけれど、今、我が家には同じ放棄犬が
おります。どういった状況で保健所行きになったかはわかりませんが
探してもらえず、殺処分寸前だったマイロ。
きっと天国のローザが、私たちとマイロを結び付けてくれたのでしょう。
今日は何だかローザを思い出します。
ローザ、天国で元気にしている?
かあちゃんは元気だよ!とうちゃんも相変わらずです。
マイロとの生活、見守っててね!
スポンサーサイト

テーマ:ワンコのいる生活 - ジャンル:ペット

めぐみ
そうなんです。我が家はワンコ大好き一家。
庭が広めで恵まれているため、獣医さんも
狙っていて「どう、これ飼わない?」と連れてきたり
するんですよ・・・(笑)
ハスキーの話は私も聞いたことがあります。
野犬化して、徒党を組んで(?)歩き回っている
ハスキーがいたとか。
ひどいですよね・・人間って本当に勝手です。
ぷんぷん!

とうちゃん
懐かしいでしょ!本当にうるうるっとなります。
今も思い出してはじわーん。
天国でおじいちゃんに可愛がられるローザが
見えるきがする。
きっとマイロの様子をみて笑っているでしょう♪
2006/03/03(金) 18:58:59 | URL | [ 編集]
マイロの父ちゃん
おお、ローザだ。懐かしい・・・。
このスナップの次の日、君は天使になってしまったな。
今でもこの前後の日を覚えてるぜよ。

前日は、小屋から出れないくらい元気もなく、ゼーゼー
言ってたのが、この日、庭に行けば、4本の足でワシ
のところに来て、それは元気だった頃のローザそのもの。
ワシらはその回復を喜んだものだ。
でも、次の日、君は力尽きた・・・。

ワンコとの触れ合いの素晴らしさ・楽しさを教えてくれた
のがローザ、君だった。

ありがとう♪

今、君の眠ってる土の上をマイロが駆け回ってる。

2006/03/02(木) 13:31:49 | URL | [ 編集]
ままりん
トライアル卒業そして正式譲渡おめでとうございます。巷でも卒業シーズンです。
別れと出会い悲喜こもごもですがマイロ君にとっては最高の出会いだったと思います。
ハスキーは一時期人気だったそうですがブームが去って保健所に沢山のハスキーが追いやられてしまったと聞きました。

しかしご実家のご家族サマもワンコ大好きなんですね大きい犬種ばかりでビックリでっす。v-405
2006/03/02(木) 10:03:36 | URL | [ 編集]
めぐみ
本当にそうですね!歴代のワンたちが、もしかして一緒に
遊んでいるかなぁ。とか、私を見てるんだろうな、とか
色々考えてニンマリしてしまいます。

トライアル開始直後、色々と病気(や病気疑惑)を
したマイロ。癲癇疑惑、下痢、血尿、結膜炎、外耳炎・・・
一ヶ月程度の間によくぞそこまで・・。(苦笑)
その時思ったのが、これはもしや正式な引き取りの前に
マイロから発せられたメッセージなのかも、と。
「おいらが病気でも、捨てないできちんと面倒見てね」という(笑)
かーちゃんは思いました。
「ふん、そんなの当然じゃない!いくらでも気が済むまで
 病気をしなさい。ちゃーんとみてるからねっ」

今元気だからといって、病気をしないとは限らないし
これから必ず老いていって、私たちの手が
必要になる時がくる、ということ。
それをトライアル中に私たちに教えたマイロでした。
以前のワンたちのときの事を考えると、老後の犬を看取るのは
精神的にも肉体的にも辛い時期となるですが、それでも
マイロを引き取りたい!と思えました。
ジューベーママさんの愛情がマイロの中に根付いています。
私たちがそれを受け取って、これからマイロと一緒に
育てていこうと思っています!ありがとう!!
2006/03/02(木) 07:17:19 | URL | [ 編集]
ジューベーママ
ローザちゃんは、見守ってくれいているよっ!!!
昔、かわいがっていた犬は
み~んな、感謝していると思います。
どんな状況でも一緒にいられた幸せは
なにものにも代え難いはず。
愛して愛される幸せを共有できたことは
すばらしい体験だと思っています。
私はほんの少しだけマイロを愛してきたけど
マイロはたくさんの愛をくれました。
うちにきてくれてありがとう!マイロ!
って思っていますよ。
やがて来る老後も乗り越えてね。
2006/03/02(木) 01:26:56 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

マイロの紹介

girori.jpg

保健所で処分されそうになっていたところを愛護団体によって保護されました。引き取り先が見つかって念願の家庭犬になれるはずでしたが、引き取り先の家庭と合わず、またしても保護。そしてもう一度別の家庭に引き取られましたが、またもや戻ってきたといういわくつき(?)のワンコです。ひょんなことから私たちと巡りあい、2005年の終わりに、我が家にやってくることになりました。もう大丈夫!私たちと一緒に愉快に楽しく暮そうね♪ビーグルらしからぬ、極道顔!?やんちゃ坊主、マイロをどうぞよろしく!

♪BGM

©Plug-in by PRSU

いつでも里親募集

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

mixi me!!


copyright 2005-2007 Go!Meg! Go!Mairo! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。